消防団の活動
ホーム > メッセージ 団長あいさつ

団長あいさつ

高岡市消防団長 渡辺守人

高岡市消防団長 渡辺守人

われわれの消防団がある高岡市は、「万葉のふるさと」として知られています。これは、天平18年(746年)に越中の国守として高岡市に赴任した大伴家持が、5年間の在任中に多くの歌を高岡で詠み、それらが「万葉集」に残されていることが由来となっています。

高岡は、加賀藩2代藩主前田利長公によって慶長14年(1609年)に高岡城が築かれ、町が開かれて以来、富山県西部の中核都市として発展してきました。

大伴家持が詠んだ雨晴海岸・二上山などの水と緑が織りなす美しい自然と、国宝瑞龍寺をはじめ重要文化財勝興寺などの歴史的・文化的資産が数多く残された高岡独自の歴史的風致は、平成23年6月に歴史まちづくり法に基づく「歴史都市」の認定を受けました。また、同年11月には、伏木富山港が国の「総合的拠点港」に選ばれ、平成26年3月に北陸新幹線も開業し、飛越能(飛騨、越中、能登)の玄関口としてのアクセスがより便利となりました。

このように高岡は歴史と自然、そして都市機能が調和し共存する「歴史都市高岡」の確立を目指しています。

この歴史と伝統のあるまちで、われわれ消防団は、「自分たちのまちは、自分たちで守る」という郷土愛護の理念と、市民の皆様の生命、財産をあらゆる災害から守るという、崇高な使命をもって活動しています。

昨年の東日本大震災をはじめ、近年、全国各地において地震、風水害などの自然災害が続発、大きな被害をもたらし、住民の安全安心を脅かしています。

いつ起こるかわからない災害に備え、高岡市消防団は団員一致団結して訓練などに励み、市民の皆様から信頼され、頼りにされ、そして愛される消防団として、その期待にそえるよう頑張ってまいります。

高岡市消防団長 渡辺 守人

高岡市消防本部 消防団
高岡市消防団 〒933-0057 富山県高岡市広小路5番10号
TEL 0766-22-2266 FAX 0766-22-1994